レザークラフト初心者は【口金】を使うと簡単?オススメする理由は3つ!

はじめてレザークラフトでは、「何を作ろうか?」「材料や道具は何を揃えればいいんだろう?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実はここで紹介する『口金の金具』を使ったレザークラフトを実践してみると、誰でも簡単に素敵な財布やポーチを作ることができます。

なぜなら私が、この口金金具を使ったワークショップを100回以上も開催して、財布やポーチを完成できなかった人が一人もいなかったからです。

もちろん、参加者のほとんどは初心者でした。

この記事では、レザークラフト初心者でも口金金具を用いるだけで、プロ並みの完成品ができあがる理由を3つ紹介していきます。

なので読み終えたときには、「何を作ろうか?」といった悩みもなくなって、すぐにでも「口金を使ったレザークラフトをやってみたい!」とワクワクしてくるはずですよ。

【口金レザークラフト】を初心者におすすめする3つの理由とは?

口金の金具をレザークラフト初心者におすすめする3つの理由とは、バリエーションが豊富であること、そしてコストが安いこと、さらに失敗のリスクが低いことです。

口金というと、『電球のソケット部分の金具』を表すこともありますが、レザークラフトで使う口金はこの電球とは一切関係ありません。

おもに財布・ポーチ・かばんに使われる金具で、ガマガエルの口のような形状をしていることから、通称『がま口』とも言われているものです。

もしかしたら、がま口といったほうが馴染みがあるかもしれませんね。しかしこの記事では、『口金』の名称で進めていきます。

・口金はバリエーションが豊富

レザークラフトで理想の製品を作るためには、まず必要な材料を探しますが、なかなか思うように集まらないことがあります。ここでつまづいて前に進めない人も多くみてきました。

しかし口金は、バリエーションが豊富です。材料選びの不安が軽くなるばかりか、初心者でも思いどおりの製品が作れるようにサポートしてくれる最強のツールといえます。

口金にはいろいろなサイズがあります。既製品でも小さいものは幅3センチくらいから、大きいものは幅30センチ以上にもなる巨大サイズの口金まで、種類が豊富に揃っています。

ですが「幅3センチの口金で何が作れるの?」と思ってしまうかもしれませんね。それならコインケースを作ってみましょう。キャッシュレス時代といわれながらも、まだまだコインケースの需要はありますよ。

大きいサイズの口金なら、ちょっとした旅行かばんも作ることができます。

このように口金のサイズだけで考えても、作るアイテムのバリエーションは広がります。

また近頃のDIYブームが影響して、変わった形状をした口金もよく見かけるようになりました。

通称『玉』と呼ばれるパーツ(てっぺんのひねるヤツ)がハート型だったり、映えるカラーのかわいい形をした玉や、古びたメッキ加工をしたアンティークでシブいものもあります。このように口金は、サイズや形状を探せばキリがないほどの種類があります。

なのでここでは、重要なポイントをひとつだけ抑えてください。「コツさえ掴んでしまえば、あとは応用するだけ!」まずはこれだけを覚えておいてくださいね。

サイズの大小やデザインに多少の違いがあったとしても、口金をハメるにはちょっとした『コツ』がいります。しかしそのコツさえ掴んでしまえば、あとは同じ要領で再現するだけです。

印鑑ケースやスマホポーチ、フォーマルバッグを作るときにも簡単に応用できてしまいます。

コツといっても、何も難しく考えることはありません。初心者向けのワークショップでは、参加者が全員うまくいっていますから安心してくださいね。

・最小限の道具と材料でできるからコストが安い

使う道具と材料のほとんどは100均で揃います。

道具の揃え方は、「何を作るか?」を先に決めたほうがわかりやすいので、ここでは『口金の小銭入れ』を作ることをイメージして、最小限の道具や材料を紹介していきます。

実は今、道具だけでなく主役の口金までも100均で手に入ります。それもご丁寧に『型紙(パターン)付きセット』まであります。なので口金も100均で手に入れましょう。

縫製はミシンを使うほどの手間はかからないので、手縫いで仕上げましょうね。

他には『縫い針・糸・木工用ボンド・目打ち・マイナスドライバー・ラジオペンチ・紙ひも(これも口金とセットで売っていました)』と100均で揃うものばかりです。

また買わずとも、この中にはすでに持っているものもあるでしょう。

ですから、使う道具のコストは1000円以下ということになりますね。

他に必要なものは本体に使う『革』です。口金の小銭入れなら、A4サイズのハギレ革が1枚あれば余裕で間に合ってしまいます。

A4サイズのハギレ革なら、ネットでも簡単に見つけられますので、ポチッと検索してみてください。

「どんな革を探せばいいのか?」については、なるべくソフト(柔らかい)で厚み1ミリ前後のものを選ぶと、作業もはかどっていい感じにまとまりますよ。

さらに縫い針と糸についても付け加えておきますが、皮革用が手に入れば問題ありません。生地用のものしか用意できなければ、より太いものを選びましょう。

・シンプルだから失敗のリスクが低い

そもそもレザークラフト(革製品づくり)には、『型紙(パターン)』が必須です。

この型紙の作製には、高度なスキルが必要でカバン・サイフをウン十年も縫製してきた熟練工でも、型紙は作ったことがない(作れない)という人がたくさんいるくらいです。

平面のデザインを立体的な形にすることは、とても難易度が高く、ゼロから型紙を作製できる人は、数学とすべての作業工程を理解して組み立てられる『一人前の職人さん』ということになるのです。

では先ほど、口金に型紙(パターン)付きのセットが100均で揃っているといいましたが、それほど高度なスキルを要する型紙が、なぜ口金にオマケのように付いてくるのでしょうか?

実は口金を使ったアイテムにはある共通点が存在しています。その共通点とは?

『シンプル・イズ・ベスト!』型紙がシンプルで数が少ないのです。

型紙の数が少ないということは、作業(手数)も減るので、そこで起こりうる作業ミスも少なくなります。

これが初心者向けのワークショップでも、参加者が全員うまくいく理由でもあるのです。

ですから失敗のリスクは恐れず、まずはやってみましょう!

・まとめ

レザークラフト初心者でも、口金の金具を使うだけで、プロ並みの製品を仕上げることができる理由を3つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

はじめてのレザークラフトに限らず、『はじめての◯◯◯◯◯』となれば、必要な情報をネットで検索してみたり、専門の書籍を探して読み漁ったりするでしょう。

まずは頭の中でイメージを膨らませて、それから実践へと移っていくことを考えると思います。ですが頭の中ではうまくいっても、現実がうまくいくとは限りません。

『ものづくりは実践あるのみ!』

今流行りのハンドメイドマーケットで、レザークラフトのワークショップがあれば、実践してみることもオススメします。とても勉強になりますよ。

では早速、100均に出かけて必要な道具を揃えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です