レザークラフト初心者は【口金】を使うと簡単?オススメする理由は3つ!

はじめてのレザークラフトを前に、「何を作ろうか?」「材料や道具は何を揃えればいいんだろう?」と悩んでいるレザークラフト初心者のあなたへ!

実は、ここで紹介する「口金金具」を使ったレザークラフトを実践してみると、誰でも簡単に素敵な財布やポーチを作ることができます。

なぜなら、私が実際に、この口金金具を使ったワークショップを100回以上も行なってきて、財布やポーチを完成できなかった人は一人もいなかったから!

もちろん、参加者のほとんどは初心者です!

このブログ記事では、レザークラフト初心者でも口金金具を用いるだけで、完成品がプロ並みの仕上がりになる理由を3つ紹介していきます。

なので、読み終えたときには、「何を作ろうか?」といった悩みもなくなって、今すぐにでも「口金を使ったレザークラフトをやってみたい!」とワクワクしているはずですよ。

【口金レザークラフト】を初心者におすすめする3つの理由とは?

ネットで「口金」と検索すると、「電球のソケット部分の金具、、、」といった検索結果も表示されますが、レザークラフトで使う口金は、この電球とは一切関係ありません。

おもに、財布・ポーチ・かばんに使われる金具で、ガマガエルの口のような形状をしていることから、通称「がま口」とも言われているものです。

もしかしたら、「口金」ではなく、「がま口」と言ったほうが馴染みがあるかもしれませんが、ここでは「口金」の名称で進めていきます。

・口金はバリエーションが豊富

口金には、サイズがいろいろ揃っています。

小さいものは幅3センチくらいから、そして、幅30センチ以上にもなる大きいものまで、既製品でもサイズは豊富です。

しかし、「幅3センチって、、小さすぎて何が作れるの?」と思ってしまうかもしれませんね。

例えば、コインケースなんて作ってみたらどうでしょうか?

キャッシュレス時代と言われながらも、まだまだコインケースの需要はありますよ。

大きいサイズの口金なら、ちょっとした旅行かばんも作ることができます。

このようにサイズのよって、作るアイテムのバリエーションも広がっていきます。

また、近頃のDIYブームが影響してか、変わった形状をした口金もよく見かけます。

「玉」と呼ばれるてっぺんのひねるパーツがハート型になっていたり、映えるカラーで、かわいいカタチをした「玉」や、アンティークの古びたイメージでメッキ加工を施したシブいものなんかもあります。

サイズや形状は、種類を挙げてしまえばキリがないので、ここでは押さえておきたい重要なポイントを一つだけ!

「コツさえ掴んでしまえば、あとは応用するだけ!」

サイズの大小やデザインに多少の違いがあったとしても、口金をハメるにはちょっとした「コツ」が必要なのです。

実は、そのコツさえ掴んでしまえば、同じ要領で再現するだけですので、印鑑ケースやスマホポーチ、フォーマルバッグにだって簡単に応用できてしまうのです。

コツと言ったって、何も難しく考えることはありません。

初心者向けの口金ワークショップでは、全員が上手くできていますから!

・最小限の道具と材料でできるからコストが安い

道具について、はじめに言っておきますが、「道具のほとんどは100均で揃います!」

それから、「道具や材料は何を揃えるべきか?」を考える前に、、、

「何を作るか?」を先に決めたほうが分かりやすいので、ここでは「がま口の小銭入れ」を作るイメージで、最小限の道具や材料を紹介していきます。

あと、縫製はミシンを使うほどの手間はかからないので、手縫いで仕上げることにします。

実は今、道具だけでなく、主役の「口金」までも100均で手に入ります。

それも、ご丁寧に「型紙(パターン)付き」のものまで存在しているのです!

なので、「口金」も100均で揃えるとして、、、

他には、「縫い針、糸、木工用ボンド、目打ち、マイナスドライバー、ラジオペンチ、紙ひも(これも口金とセットで売っていました)」と、100均で揃うものばかりです。

または買わずとも、この中にはすでに持っているものもあるでしょう。

ですから、道具だけのコストなら、1000円以下ということになりますね。

あとは、本体に使う「革」ですが、がま口の小銭入れなら、A4サイズのハギレ革が1枚あれば、十分間に合ってしまいます。

A4サイズ程度のハギレ革なら、ネットでも簡単に見つけられますので、ポチッと検索してみてください。

「どんな革を探せばいいのか?」については、なるべくソフト(柔らかい)で、厚み1ミリ前後のものを選ぶと、作業もはかどって、いい感じにまとまりますよ。

さらに、縫い針と糸についても付け加えておきますね。

皮革用が手に入れば問題ありませんが、生地用のものしか用意できなければ、いずれも、より太いものを選びましょう。

・シンプルだから失敗のリスクが低い

そもそもレザークラフト(革製品づくり)には、「型紙(パターン)」が必須となります!

この型紙の作製には、高度なスキルが必要で、財布・かばんをウン十年も縫製してきた熟練工でも、型紙は作ったことがない(作れない)という人がたくさんいるくらいです。

平面のデザインを立体的なカタチにすることは、とても難易度が高く、ゼロから型紙を作製できる人は、数学と、すべての作業工程を理解して組み立てられる「一人前の職人さん」ということになるのです。

では、先ほど「型紙(パターン)付きの口金が100均で手に入る」と言いましたが、それほど高度なスキルを要する型紙が、なぜ口金のオマケに付いてくるのでしょうか?

実は、口金を使うアイテムの多くには、ある共通点が存在します。

 

その共通点とは?

型紙がシンプルでその数が少ないから!なのです。

まさに、「シンプル・イズ・ベスト!」

型紙の数が少ないということは、作業(手数)も減るので、そこで起こりうる作業ミスもなくなります。

これが、口金ワークショップで、初心者でも全員が上手くいく理由でもあるのです。

「失敗のリスクなど恐れず、まずはやってみましょう!」

・まとめ

レザークラフト初心者でも、口金の金具を使うだけで、プロ並みの製品を仕上げることができる理由を3つご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

はじめてのレザークラフトに限らず、「はじめての◯◯◯◯◯」となれば、まずは自分に必要な情報をネットで検索してみたり、専門書籍を探して読み漁ったり、どちらかというと頭の中で繰り広げられるイメージが先行していくことが多いでしょう。

ですが、いくら頭の中で上手くいっても、現実が上手くいくとは限りませんよね。

「モノづくりは実践あるのみ!」

今流行りのハンドメイドマーケットで、レザークラフトのワークショップを見つけて、実践してみることもオススメですよ。

早速、これから100均に出掛けて、必要なものを揃えてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アーカイブ

カテゴリー