レザークラフト初心者に向いている素材とは?革選びのポイントは5つ!

レザークラフトをはじめたばかりの頃は、革選びのポイントがわからなくて悩むことが多いでしょう。

はじめのうちはネットで革を買うにしても、革の実物を見ないで買うのは不安です。東京浅草橋(レザーショップの集積地)のレザーショップで買うにしても、どんな基準で革を選べばいいのかわかりませんよね。

レザーショップの店員さんが親切で、いつも一緒になって探してくれればいいのですが、実際にはそうはいきません。店員さんに提案されても、何がいいのかすらわからないことが現実ではないでしょうか。

そこでもし、自分が探している革(レザークラフト初心者に向いている革)を、あるポイントを基準に見極めて、簡単に選ぶことができたらいいと思いませんか?

この記事では、とくにレザークラフト初心者に向いている革の選び方を、革の種類や加工にわけてくわしく解説していきます。

レザークラフト初心者に向いている素材とは?

レザークラフト初心者に向いている革の種類は、【牛革】です。

なぜなら、ダントツに流通量が多く、手に入れやすいからです。

また、初心者にも加工しやすいように、はじめから革の厚みや硬さをちょうどいい具合に調整されているものが多いところもオススメのポイントです。

一方で羊革や山羊革、豚革も流通量が多く、手に入れやすいのですが、レザークラフト初心者にはあまり向いていません。

なぜならいずれも、革の厚みが薄くて柔らかいことが特長ですので、裁断や縫製(手縫い)の加工が初心者には難しいからです。

さらに、牛革のなかでもなめしや仕上げの加工方法などによる違いもあります。では一体、どのようなポイントで見分ければいいのでしょうか?

実は、レザークラフト初心者向きの牛革を選ぶ具体的なポイントは、【5つ】あります。

  1. 牛革の部位
  2. 革の厚み
  3. タンニンなめしの革は◎
  4. イタリアンレザーは◎
  5. 型押し(エンボス)加工の革は△

では、具体的な牛革の部位や加工、原産地をくわしく解説していきます。

牛革の部位

牛革の部位では、【ベンズ(背中からお尻)】がオススメです。

なぜなら、革の繊維が締まって伸びにくく、耐久性にも優れているからです。一方で、ベリー(お腹)の部位はオススメしません。伸縮が激しく、耐久性に劣るからです。

では、牛革はどのような状態で流通しているのでしょうか?

国内の市場では、牛革の背筋を境にして左右半分にカットした『半裁(はんさい)』の形状で、平均でも『250センチ×100センチ』と人間よりも大きいサイズで流通しています。

しかしレザークラフト初心者が、はじめから半裁を手に入れることにはためらいもあるでしょう。なぜなら、革の品質を見分けられないうちはリスクを伴うからです。

レザークラフトにも慣れてきて、いくつも革小物やバッグを作るようになればいいかもしれませんが、はじめのうちは半裁ではなく、小さいサイズにカットされた革からレザークラフトをやってみましょう。

※牛革の部位がわからない場合には、上下左右に引っ張って、簡単に伸縮しないものがいいです。

革の厚み

革の厚みは、【1.5ミリ以上】のものを選びましょう。

なぜなら革の厚みは、あとから薄く加工(革漉き)することはできても、厚く加工することはできないからです。

一般的には、革小物に適した革厚は『1.0ミリ~1.5ミリ』といわれています。ちなみに私も、革小物を作るときの革厚は1.0ミリ~1.5ミリの間で調整しています。

欲をいえば、革厚が2.0ミリ以上の革を入手できたらいいのですが、革厚が厚いものほど価格が高い傾向にありますので、そのあたりはかけられるコストによります。

革の厚みが製品の出来栄えを左右することもありますので、決して妥協しないでくださいね。

タンニンなめしの革は◎

レザークラフト初心者には、【タンニンなめしの革】をオススメします。

タンニンなめしの革は、通称【ヌメ革】といわれて馴染みもあると思いますが、特長は適度な革の厚みとハリがあるので、レザークラフトの手縫いにはピッタリです。

他にクロームなめしの革も流通していますが、タンニンなめしの革とは対象的に、やわらかくしなやかさを重視している傾向なので、革厚の薄いものが主流になっています。ですから、レザークラフト初心者には不向きでしょう。

ちなみに『革のハリ』とは、うどんの『コシがある=歯ごたえがある』のたとえと同じように、適度な硬さに弾力が加わった状態をいいます。

さらに、タンニンなめしの革は使いはじめてから『革を育てる愉しみ』があります。

『革がアメ色に変化した』と耳にしたこともあると思いますが、経年変化を愉しめるのも醍醐味のひとつです。

※ちなみにクロームなめしの革がアメ色に変化することはありません。

イタリアンレザーは◎

【イタリアンレザー】は、レザークラフトとの相性はバッチリです!

なぜならイタリアンレザーとは、先に取り上げた『タンニンなめしの革』を含めた総称だからです。さらに、ほどよくオイルが染み込んでいるので、表面を少しくらいひっかいても、指でこすれば元に戻ります。

加工面では、コバ(切り口)の仕上げ処理が簡単で、手縫いしやすい利点が挙げられます。しかしその反面、染み込んだオイルの影響で接着剤の効き目が若干落ちます。

私がレザークラフト初心者に、イタリアンレザーをオススメする理由は他にもあります。

国産の革と比べて、発色が鮮やかでカラーバリエーションが豊富です。表面の加工がほとんど施されていないので、自然の風合いが愉しめます。

単価が高いイメージもありますが、革キズが少ない状態のものが多く、かえってコストの削減につながることもあります。

これも『革を育てる愉しみ』があります。

型押し(エンボス)加工の革は△

レザークラフト初心者には、【型押し(エンボス)加工の革】はあまりオススメできません。

なぜなら型押しによって、革の吟面(表面)が弱くなるからです。他にも革の厚みが損なわれるデメリットもありますので、レザークラフトに慣れてから扱ってみてください。

また型押しは、さまざまな図形や模様を施した型を押しつける加工です。高圧プレス機を用いて、熱と圧力を加えながら押しつけますので、革の吟面にはかなりの負担がかかります。

さらに型押し加工は、タンニンなめしの革のように経年変化を愉しむ革には不向きとされています。クロームなめしの革に、デザインを施したり、革キズを目立たなくするときに用いられることが多いからです。

ちなみに、革の吟面に名前などを刻印する焼印とは異なります。タンニンなめしの革には焼印がキレイに入りますからね。

まとめ

レザークラフト初心者は革選びに悩むはずです。なぜなら選ぶ基準をまだ知らないからです。

しかしこれからは、この記事で紹介した5つのポイントを革選びの基準にすることで、自分に合った素材を簡単に見つけることができるでしょう。

『牛革の部位は背中からお尻、革厚は1.5ミリ以上でタンニンなめし、イタリアンレザーなら◎です』

レザークラフトは作っているときも愉しいですが、自分で作った製品を使って、『革を育てる愉しみ』は最高です。

ではこれから、イタリアンレザーの革小物作りにチャレンジしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です