東京産ピッグスキン(豚革)の特長を解説!初心者にもオススメな理由

東京都の23区内には、世界に誇る革の一大産地があることを知っていますか?

『東京で革』といえば、まずは『浅草』をイメージするかもしれませんね。しかし浅草は、革の販売や靴の製造は盛んですが、革を生産している地域ではありません。

ならばどこでしょう・・ランドマークには『東京スカイツリー®』がある・・東京の下町・・

それは【墨田区】です。

墨田区では、おもに【ピッグスキン(豚革)】を生産しています。その生産量は、日本国内の約90%を担っており、クオリティは世界一と評されています。

「じゃあ、墨田区にはたくさんの豚さんがいるの?」と疑問が湧くかもしれませんが、養豚場が集まっているわけではありません。

実は、革なめし加工工場の集積地なのです。

そして【東京産ピッグスキン(豚革)】は、レザークラフト初心者にもオススメです。さらにクオリティも高いのでとても魅力的な素材なのです。

そこで本記事では、東京産ピッグスキンはなぜ初心者にオススメなのか、この素材が持つ特長をくわしく紹介します。

東京産ピッグスキン(豚革)が初心者にもオススメな理由

東京産ピッグスキン(豚革)は、レザークラフト初心者にオススメです。

なぜなら、他の革よりも価格が安く、安定供給されているからです。

ピッグスキンは傷が多いことなどが理由で、昔から価格を安く抑えられてきました。牛革のように、メインレザーとしては使いものにならないクオリティだったのです。

しかし東京産ピッグスキンは、メインレザーとして使えるだけのクオリティを備えたことで、その欠点をクリアしました。

さらに、生産地が東京なので、とても身近な素材といえるでしょう。ですから東京産ピッグスキンは、初心者でも安心して使えるメインレザーなのです。

では、東京産ピッグスキンの特長とは何でしょうか?

一般的なピッグスキンのイメージは、 『手袋・スウェード・薄い』などが思い浮かぶと思います。

東京産ピッグスキンには、具体的に3つの特長が挙げられます。

  1. 通気性
  2. 耐久性
  3. 安定供給

では、それぞれについてくわしく解説していきます。

通気性

ピッグスキンは、通気性が良く軽い素材です。

なぜなら、メッシュ素材と同じ構造を生み出しているからです。

豚の毛は太く、表面にみられる【3つ1組】の柄のようなものは毛穴になります。これは表皮を貫通して裏面にまで達しています。

ピッグスキンは、昔から革靴のライニング(内側素材)などに使われてきました。その理由は、優れた通気性によって、足を様々な病気から守るためだったのです。

衣類に使われるメッシュ素材も、通気性が良く、軽いことが特長ですよね。

さらにピッグスキンは、革靴のライニングに使われるほど柔らかく、しなやかな肌触りですので、レザークラフトでも扱いやすい素材です。

まさに、初心者にも向いている素材といえるでしょう。

耐久性

ピッグスキンは、耐久性に優れた素材です。

なぜなら、豚の毛は太くて固い性質を持っていますが、その毛を支える表皮も、当然のことながら強固だからです。

戦時中には、軍靴の素材にも東京産ピッグスキンが使われていたそうです。

また、海外の高級な家具やソファーの素材に選ばれていることでも、摩擦などの耐久性に優れていることが証明されています。

このようなピッグスキンが持つ本来の性質に加えて、東京産ピッグスキンは、植物タンニンなめしの加工技術によって、さらに丈夫で魅力的な素材へと進化させているのです。

安定供給

ピッグスキンは、安定的に供給されている素材です。

最も注目すべき点は、原料のすべてが国内で自給されているところです。これによって、価格も安定しています。

一方で、他の革の原料は輸入に頼っています。為替の変動で価格が急に上昇したり、最近では、新型コロナの影響で輸入がストップしていた時期もありました。

私もイタリアレザーが急に値上げされたり、思うように手に入らなかったときには、正直困り果ててしまいました・・・

東京産ピッグスキンが、他の革よりも価格が安く、安定供給されているのであれば、とくにレザークラフト初心者には扱いやすい素材です。

レザークラフトに東京産ピッグスキンを使うことで、原料から製作までのすべてを国産で賄う『純国産の作品』が仕上がります。

そもそも、革が手に入らなければ、レザークラフトもできませんからね。

まとめ

こんな身近に、世界に誇る革の一大産地があることを知っていかがでしたか?

レザークラフトに慣れてくると『革ができるまで』も知りたくなってきますよね。

実は、東京都墨田区にある革なめし加工工場では、定期的に工場見学会を実施しているようです。東京産ピッグスキンの生産工程を生で体感できるわけですね。

東京産ピッグスキンは、軽くて丈夫です。さらに、価格が安く、安定供給されている素材です。

ですから、レザークラフト初心者にも扱いやすく、オススメです。

革選びで悩んだら、軽くて丈夫な【東京産ピッグスキン(豚革)】を使ってみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です