酒井法子(のりピー)劣化しらずで老けない?今現在と若い頃を画像で比較!

女優で歌手の【のりピーこと酒井法子さん】「劣化しない」「老けない」との声が多く上がっています。

20年ぶりに名曲の『夢冒険』を地上波テレビ『THEカラオケ★バトル またまたやっちゃう?あの大ヒット曲・ご本人は何点出せるのかSP』の番組内で披露しましたが、ぜんぜん劣化していませんでした。

アイドル歌手としてデビューしてから、35年を経過した今でも「かわいい」「きれい」と評判のようですね。

そんな劣化しらずの酒井法子さんの今は?といえば、、、

台湾や香港、中国の中華圏を中心に芸能活動を続けているそうです。

そこで本記事では、のりピーこと酒井法子さんの若い頃を振り返りながら、いま現在に至るまでを画像で比較して紹介していきます。

【酒井法子】のりピー劣化しらずで老けない?

のりピーこと酒井法子さんは、台湾や香港などでは『モンスター級美魔女』と紹介されることもあるそうです。

『モンスター級美魔女』とは、、、酒井法子さんが劣化しらずで老けない根拠になりそうですね。

1990年(19歳)には台湾をはじめ、香港や中国での活動を開始し、いまでも根強い人気を保ち続けています。

その翌々年(1992年)には、初めての海外公演をおこない、台湾でのコンサートも成功させたそうです。

当時はまだ、中華圏で活動する日本の芸能人が少なかったそうなので、先駆者といえますね。

PROFILE

本名:酒井法子(さかいのりこ)

愛称:のりピー

生年月日:1971年2月14日(50歳)(※2021年4月現在)

血液型:B型

出身地:福岡県

身長:157cm

所属事務所: オフィスニグンニイバ

酒井法子さんがアイドルとしてデビューしたのは、1986年(昭和61年)15歳のときです。

デビュー当時から自身のことを「のりピー」と称して、「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった独特な言葉『のりピー語』が流行しました。

1980年代に活躍していたアイドルの関連記事:中山美穂(ミポリン)の若い頃は可愛い!今は美人!?35年前と比較【画像】

【酒井法子】のりピーの今現在と若い頃を画像で比較!

では早速、のりピーこと酒井法子さんの昔(35年前)といま現在の画像比較をお届けします。

1986年(15歳)モモコクラブNo.1482↓

デビュー当時は、高校生らしく初々しい印象ですね。

1987年(16歳)ファーストシングル『男のコになりたい』でアイドル歌手としてデビューしました。

同年(1987年)にリリースした4枚目のシングル『夢冒険』は、翌年(1988年)の甲子園入場曲にも起用されました。

1988年(17歳)↓

この頃は、ショートヘアが印象的なかわいい雰囲気ですね。

1993年(22歳)「ひとつ屋根の下」↓

1993年(22歳)には、大ヒットドラマ『ひとつ屋根の下』に、柏木小雪役で出演。

成人したこともあって、少し落ち着いた大人の雰囲気を感じますね。

続いて1995年(24歳)にも、大ヒットしたドラマ『星の金貨』に、倉本彩役で出演しました。

とくに『星の金貨』の主題歌となったシングル『碧いうさぎ』は自身初のミリオンセラーとなって、念願の『NHK紅白歌合戦』出場も果たしました。

大ヒットドラマ出演NHK紅白歌合戦出場と、芸能活動は順風満帆のようにみえますね。

そして、1998年12月(27歳)のことです。自称プロサーファーの男性と『できちゃった婚』をして世間をあっと驚かせました。

翌年(1999年)の7月には、28歳で長男をハワイで出産。2000年に芸能活動を再開するまでは、産後休業していたそうです。

2002年(31歳)NHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』↓

2002年(31歳)には、NHK大河ドラマ 『利家とまつ~加賀百万石物語~』に、おね→北政所役で出演。

芸能活動を再開した頃には、30代『アラサー世代』ですから、和装もお似合いの成熟した女性です。

2009年(38歳)↓

2009年(38歳)には、またまた世間があっと驚く事件が起こりました。

髪をばっさりカットのショートヘアが象徴的でした。

この頃はすでに10歳の子を持つ母親ですが、若さは保たれている印象ですね。

2010年(39歳)芸能活動の再開↓

2010年6月には夫と離婚。長男を引き取ってシングルマザーになりました。

いわゆる『アラフォー世代』ですね。しかし、しばらく芸能活動を休止していたとは思えないほど、老いも感じません。

2020年(49歳)↓

長男も成人して『アラフィフ世代』突入です。

ヘアスタイルでも印象は変わりますが、成人の子を持つ母親とは思えないほど若い印象ですね。

海外で称される『モンスター級美魔女』といった言葉もうなずけます。

まとめ

ここまで、【のりピーこと酒井法子さん】をデビュー当時(35年前)から振り返ってきました。

いま現在との画像比較はいかがだったでしょうか。

酒井法子さんのデビュー当時(15歳)は、ショートカットがお似合いの初々しい印象でした。

また、台湾や香港などでは『モンスター級美魔女』と紹介されており、衰えを感じさせない印象です。

今や、芸能界デビューから35年が経過しましたが、結婚や出産、紆余曲折を経て、アラフィフ世代となりました。

歌声にも劣化を感じさせず『歌うまぶり』も健在ですので、今後の芸能活動にも注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です