サイペイイン(蔡佩穎)の国籍は?日本語が上手な理由は?

今、注目の女子プロゴルファー【サイペイインPei-Ting TSAI/蔡佩穎)】選手は、台湾出身ですが、国籍も台湾のままなのでしょうか?

スポーツ界でも、新型コロナウイルス感染症の感染拡大への懸念から、海外選手の渡航には厳しい制限が設けられているようですね。

そのようなコロナ禍にあっても、サイペイイン選手は日本国内のゴルフトーナメントで活躍を続けていますので、ゴルフの拠点は間違いなく日本でしょう。

また、日本との縁が深いのか、サイペイイン選手は日本語が上手です。

2019年に『【2019】ECCレディス ゴルフトーナメント(ステップ・アップ・ツアー)』で優勝したときのインタビューでも、通訳を介さずに答えていました。

そこで本記事では、ますます今後の活躍が期待されるサイペイイン選手の国籍や、日本語が上手な理由について紹介していきます。

【サイペイインPei-Ting TSAI/蔡佩穎)】国籍は?

サイペイイン選手に関するプロフィールなど、ここまで多くをリサーチしましたが、国籍は出身地【台湾】のままでした。

PROFILE

名前:サイ ペイイン(Pei-Ting TSAI / 蔡佩穎)

国籍 / 出身地:台湾 / 屏東市

出身校:台湾体育大学

生年月日:1991年4月27日(30歳)(※2021年4月現在)

身長:156cm

体重:56kg

血液型:A型

趣味:音楽鑑賞

ゴルフ歴:10歳~

プロ転向:2013年8月2日JLPGA入会(85期生)

所属先:京豊エンジニアリング

サイペイイン選手の所属先は『京豊(きょうほう)エンジニアリング』で、本社は京都府にあるようです。

日本の企業に所属していますから、日本とのご縁が深いことでしょう。

また、台湾法人もあるそうですので、ゴルフ以外でも【日本・台湾交流の橋渡し役】も担われているかもしれませんね。

しかし今現在、サイペイイン選手の拠点は日本で『滋賀県』なのだそうです。ゴルフの師匠である島袋美幸プロの自宅で生活しているようです。

愛嬌たっぷりのかわいい笑顔ですね^^↓

ゴルフの師匠であり、日本の母親的存在のようにも映っています↓

島袋プロは、トーナメントにもよく応援に来られているようです。

サイペイイン選手のゴルフの成績は、『【2021】Tポイント×ENEOSゴルフトーナメントで一時は単独トップに立って、レギュラーツアー初優勝の期待が一気に高まりました。

最終順位は2位タイに終わりましたが、立派な好成績を収めました。

2020-21 JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)トーナメントで、初優勝が期待される選手のひとりでもあります。

JLPGAツアーで活躍する他の外国籍選手の関連記事:笹生優花は二重国籍!日本語より英語が得意?ゴルフはジャンボから一発合格!

【サイペイインPei-Ting TSAI/蔡佩穎)】日本語が上手な理由は?

2019年に日本国内のステップ・アップ・ツアーで初優勝したときのインタビューでは、通訳を介さずに答えていました。

『【2019】ECCレディス ゴルフトーナメント』優勝インタビュー↓

一目瞭然!これで本語がペラペラなことがわかりましたね。

では、このようにサイペイイン選手の日本語がうまい理由は?

その答えは、日本での滞在歴が長いことです。

実は、日本でのチャレンジは『2011年』だったので、在歴は9年にもなります。

正式に日本のプロテストに合格したのは『2013年』ですが、はじめて日本のQT(クォリファイングトーナメント)を受験したのは『2011年』なのです。

2013年のプロ同期生(85期)には、鈴木愛選手・成田美寿々選手・松森彩夏選手など、国内の女子プロゴルフ界を代表する選手が名を連ねています。

ちなみに、台湾でのプロ転向は2009年でした。

アマチュア時代から台湾代表として活躍していたそうです。

2015年(23歳)からは、三つ編みおさげの髪型がトレードマークでした↓

このインタビューでは、少しだけ関西弁を話す場面がありますね↓

実は、ゴルフの師匠『島袋美幸プロ』の自宅が関西圏の滋賀県なのです。

いま現在、サイペイイン選手は島袋美幸プロと同居生活していますので、日常的に関西弁には触れていることでしょう。

ちなみに、島袋美幸プロの出身地は沖縄県です。

もしかしたら、沖縄の方言も理解して、沖縄言葉で会話できるかもしれませんね。

JLPGAツアーで活躍する他の外国籍選手の関連記事:セキユウティン・セキユウリのかわいい画像【50選】美人姉妹は日本語も上手!

まとめ

女子プロゴルファーのサイペイイン選手の国籍は【台湾】でした。

台湾は日本との縁がとても深いところですね^^

サイペイイン選手は、過去のあるインタビューで「ゴルフの日台交流でパイプ役を果たしたい」と語っていたそうです。

また、日本語が上手な理由は、日本での滞在歴が長いことでした。

2011年に日本のQT(クォリファイングトーナメント)を受験してから、今年(2020年)で9年が経過しました。その間の日本語の上達に伴って、ゴルフの成績も上昇してきたことでしょう。

今現在(2021年4月)の賞金ランキングは、堂々の26位です。

JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)トーナメントで初優勝が期待される選手のひとりです。

ぜひ『優勝インタビューは日本語で!』初優勝を心待ちにしています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です