【リ・ハナ】ゴルフのプロテスト【画像】出身は中国?韓国?日本語は話すの?

JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)に、またまたスーパールーキーが現れました。

今回(2020年度)のJLPGAプロテストで見事に合格を勝ち取った【リ・ハナ】選手です。

実は、プロテストに合格する前から、ステップ・アップ・ツアー(JLPGA下部ツアー)で優勝するなど、輝かしい成績を残していた実力者なのです。

プロフィールによると、2001年7月生まれですから、プロテスト合格時には、まだ19歳でした。

また、国籍は韓国になっていますが、ご両親は中国人で生まれも中国との噂も??

なので、多言語を話す『マルチリンガル』かもしれません。

そこで本記事では、リ・ハナ選手のプロフィール、日本語を含むマルチリンガルなどについて、詳しく紹介していきます。

【リ・ハナ】ゴルフのプロテストは?インスタ【画像】も

リ・ハナ選手は、今回(2020年度)のJLPGA(日本女子プロゴルフ協会)プロテストに、7位タイ(-8)の成績で合格しました。

おめでとうございます!

次のような喜びの声(↓)も寄せています。

「合格して本当にうれしい。早く母に伝えたい。きょうは最終日で、スタート前から緊張をしていました。今はステップ・アップ・ツアーに出ていますが、来年はJLPGAツアーで優勝したい

引用元:JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)

また、このプロテストの合格後、インスタを始めたようです。

インスタでは、日本語で感謝のメッセージを綴っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

リハナ Hana Lee(@allbyhana)がシェアした投稿

ちなみに、JLPGAの最終プロテストは、プロゴルファーの大半が「2度と経験したくはない。それほど苦しい4日間」と表現しています。

実は、リ・ハナ選手も2度目のチャレンジでした。

不合格だった前回(2019年度)の成績を確認してみると、合格ラインにわずか2打足りなかったようです。

ともあれ、今回(2020年度)のプロテストに合格しましたので、今後の目標は、JLPGAレギュラーツアー初優勝になるでしょう。

【リ・ハナ】プロフィール|中国生まれの韓国育ち?

リ・ハナ選手は、KLPGA(韓国女子プロゴルフ協会)ツアーに出場したことがないそうです。

日本で活躍する韓国人選手が、韓国ツアーを経験せずに来日して、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)プロテストに合格することは稀なケースかもしれません。

2019年に来日したリ・ハナ選手は、今現在、家族とともに埼玉県で生活されているとのこと。

PROFILE

名前:リ・ハナ(Hana Lee)

国籍 / 出身地:韓国 / 仁川

出身校:白山高等学校(韓国)

生年月日:2001年7月26日(19歳)(※2021年7月現在)

身長:157cm

体重:55kg

血液型:A型

趣味:

ゴルフ歴:8歳~

プロ転向:2021年6月26日JLPGA入会(93期生)

得意クラブ:パター

ツアー通算:

所属先:フリー

リ・ハナ選手のプロフィールでは、国籍と出身地はともに韓国となっています。

しかし、ご両親は中国の生まれで、リ・ハナ選手が中学生のときに韓国へ渡り、その後韓国籍に帰化したとのことです。

「彼女は中国人の両親の下、中国で生まれ、父の影響で8歳からゴルフを始めました。良い環境の下でゴルフをするため、中学生のときに韓国へ留学し、高校までインターナショナルスクールに通っていました。この時に韓国籍に帰化しています」

引用元:現代ビジネス|講談社

おそらくゴルフの英才教育は『韓国』で受けて、プロゴルファーとしてのキャリアは『日本』で積んで、さらに活躍の場は『世界』へと広がっていくシナリオではないでしょうか。

【リ・ハナ】日本語は話すの?優勝スピーチ【インタビュー動画】も

リ・ハナ選手のご両親は中国生まれですし、自身も中国生まれの韓国育ちですから、韓国語と中国語は堪能とされています。

さらに英語まで話せて日本語も勉強中とのことです。

英語、中国語、韓国語が話せますし、日本語の勉強も家庭教師をつけてやっていたそうです。

引用元:現代ビジネス|講談社

4ヶ国語(韓国語、中国語、英語、日本語)を話すとなれば、バイリンガルを飛び越えて『マルチリンガル』の才媛となりますね。

すでにリ・ハナ選手は、JLPGA (日本女子プロゴルフ協会)ステップ・アップ・ツアー(下部ツアー)でも優勝して、優勝インタビューの経験もありますから、動画で確認してみましょう。

まずは、『【2020】ユピテル・静岡新聞SBSレディース』の優勝インタビューから(↓)

日本語の聞き取りと、あいさつ程度の会話はスムーズにできています。

続いて、『【2020】フンドーキンレディース』の優勝インタビューをどうぞ(↓)

インタビューの途中に話しはじめた日本語はとても上手です。

前回の優勝インタビューに比べて、会話力も進化していますし、何と言っても、一生懸命に応えているところが好感度アップですね。

さらに好感度アップ?(↓)味噌汁を手にしていますが、日本のお味はどう感じたでしょうか?

味噌汁の味は別として、周りの日本人選手が優しくて、いい関係を築いていると言っていますから、何よりですね^^

日本の選手は優しい。まだ日本語はうまくないけど、いい関係を築いてくれて仲良しです。同じ年齢の友達が話しかけてくれるのはありがたいです」

引用元:ALBA.Net

まとめ

リ・ハナ選手のプロフィールを詳しく紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

当面の目標は、JLPGA(日本女子プロゴルフ協会)レギュラーツアー優勝ですが、このまま日本を飛び越えて、活躍の場は世界へと広がっていきそうな勢いです。

またゴルフ以外でも、マルチリンガルの才媛として、今後の活躍を楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です