スウェーデン五輪ユニフォームの評判は?ユニクロの店舗で販売してるの?

東京オリンピック・パラリンピックでスウェーデンの選手たちが着ている公式ウェアは『ユニクロ(UNIQLO)』です。

特に印象的だったのは、女子サッカーチームのユニフォームでした。

見慣れたイエロー(ゴールド)より一段と鮮やかなカラーで、右胸にあるユニクロのブランドマークが映えていましたが、評判はどうだったのでしょうか?

他の競技でも、スウェーデンの選手たちが着ているウェアを見ながら、「ユニクロのショップで普通に買えるのかな?」と思わず検索してみました。

一方で、「スウェーデンがなぜユニクロなの?」といった疑問もありました。

そこで、スウェーデンチームの公式ウェアがユニクロの理由や評判、ユニクロのショップで買えるのか(?)など、リサーチしてみましたので、本記事で詳しく紹介していきます。

スウェーデン女子サッカーの五輪ユニフォーム『ユニクロ』の評判は?

スウェーデンチームの東京オリンピックユニフォーム『ユニクロ(UNIQLO)』評判は上々です。

特に、女子サッカーチームのユニフォームには、注目が集まっています。

太陽の光を浴びるユニフォームは、通常のスウェーデン代表のものより鮮やかな色となっているように見える。ファンからも「ゴージャス」「美しい」「素晴らしい」といった声が上がっていた。

引用元:FOOTBALL ZONE WEB

サッカー専門のメディアでも、スウェーデン女子サッカーチームのユニフォームが話題に上っていました。

SNS上では、女子サッカーの他、卓球のユニフォームも高評価です。

さらに、スウェーデン女子サッカーのスター『コソヴァレ・アスラニ(ASLLANI Kosovare)』選手がインスタで披露したユニフォーム姿には、「美しい!」とのコメントが数多く寄せられています。

この投稿をInstagramで見る

 

Kosovare Asllani(@asllani9)がシェアした投稿

通常(東京オリンピック以外)、男女サッカーのスウェーデン代表は、『アディダス(adidas)』のユニフォームを着用しています。

今までのスウェーデンのユニフォームは、国旗のカラーに近いイメージですが、比較すると『ユニクロ(UNIQLO)』のユニフォームは、鮮やかな蛍光色になっているようです。

 

スウェーデンの五輪公式ウェアはなぜユニクロなの?

スウェーデンの選手たちが着ている東京オリンピック公式ウェアは、なぜユニクロなのか?

2019年1月にユニクロは、スウェーデンオリンピック委員会と4年間のパートナー契約を締結したとのことです。

スウェーデンを含む北欧諸国は、「サステナビリティ(持続可能性)」への取り組みが熱心ですので、おそらく両者の理念が一致した結果、パートナー契約に至ったのでしょう。

サステナビリティの観点では、10アイテムにリサイクル素材を使用。グローバルブランドアンバサダーがテニスの国際試合でも着用する、ペットボトル由来の再生ポリエステル素材を使用したドライEXに加え、新たに、再生可能資源のバイオマス原料(トウモロコシなど)由来のポリエステル繊維を一部に採用。パーカーにはフッ素を使わない撥水加工剤を使用した。

引用元:VICTORY

素材開発には、一層のこだわりを持って望んでいるようです。

一方で、スウェーデンは『H&M』の創業地です。

そのH&Mは、ユニクロと同じファストファッション系として、日本でもお馴染みのブランドですが、オリンピックの公式ウェアに採用されることはなかったのでしょうか?

実は、前回のリオデジャネイロ五輪や平昌冬季五輪では、スウェーデンチームの公式ウェアとして採用されていたそうです。

今回の実績を踏まえれば、『ユニクロ(UNIQLO)』が日本チームのオリンピック・パラリンピック公式ウェアに採用される可能性もゼロではないかもしれませんね。

スウェーデンの五輪ユニフォームはユニクロの店舗で販売してるの?

スウェーデンチームの東京オリンピック公式ウェアと同じ商品(レプリカも含む)は、ユニクロのショップでは買えないそうです。

SNS上には、ユーザーから購入を希望する声もありますが残念です。

一方で、スウェーデンのトップアスリートらの声を生かして開発した商品群「ユニクロプラス(UNIQLO+)」は、2021年6月7日から販売しているとのことでした。

UNIQLO+(ユニクロ プラス)コレクション
オンラインストアと一部ユニクロ店舗にて2021年6月7日(月)より販売開始。

以前から、男子プロテニスの錦織圭(にしこりけい)選手ら世界で活躍するスポーツ選手がユニクロのウェアを着用していますが、さらに快適性を追求して、デザイン性にもこだわっているようです。

UNIQLO TEAM SWEDENと共に開発したのは、最大限の快適さと最高の性能。 トレーニング時から忙しく動き回る日常まで、アクティブな毎日をサポートするLifeWear。それが、UNIQLO+です。

引用元:ユニクロHP

UNIQLO+の服には、スウェーデン国旗から引用した「+」のモチーフがデザインされている。「+」には「加える」「成長する」「2つのものを足す」などの意があります。

引用元:ユニクロHP

早速、着心地や機能性などを紹介する動画(↓)もありました。

どうしてもスウェーデンチームの東京オリンピック公式ウェアと同じ商品を手に入れたい場合には、ユニクロのスウェーデン・ストックホルム店で購入できるとの情報もあります。

UNIQLO+(ユニクロ プラス)コレクション
オンラインストアと一部ユニクロ店舗にて2021年6月7日(月)より販売開始。

まとめ

東京オリンピック・パラリンピックでスウェーデンの選手たちが着ている『ユニクロ(UNIQLO)』の公式ウェアは、評判が良さそうです。

特に、女子サッカーや卓球のユニフォームには、多くのユーザーが関心を寄せていました。

しかし気に入っても、選手たちと同じウェアをユニクロの店舗で購入できないのは、少し残念な気もします。

一方で、新たにラインナップされた「ユニクロプラス(UNIQLO+)」に興味を持ったユーザーは増えたことでしょう。

これを機に、ユニクロのウェアを採用する国やスポーツチームも増えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です